お金のつかいどころを変えてみる。

限られた「お金」の使いどころには
その人の価値観が現れるもんだけど
私のことでいうと
大学を出て自分で家賃を払うようになってこの方、
家賃という大きな固定費は、
できるだけ安く、安く、がこだわりだった。

ずっとずっと、誰よりも安い家賃だったし
それを恥ずかしいと思ったことはない。
(むしろ誇らしいくらい。それもどうかと思うが)
そういえば、この仕事についてからずっとユニットバスだ。
でも年中湯船にお湯ためて浸かる。
面倒ではあるけど、今やもう慣れたもんです。

東京に出てきてからも、
毎月決まったお給料がもらえるわけじゃないのだから、
固定費はできるだけ安く! って、
それでも東京だから、
これまでで一番高い家賃を払っているのだけども、
まあユニットバスだし、一口コンロのミニマムキッチンです。

で、今、私引っ越したいのですよ。
それは「世間の33歳ってこんぐらいのとこ住んでるよね」っていう
実態のない何たるかに迎合してるわけでも、
「部屋とともに私もステップアップ!」という
良く聞くあれでもなくて、
お金の使いどころを変えてみたい、
そして自分に起こるかもしれない変化を
体感してみたいっていうこと。

増えた固定費のために、仕事を増やしたりする?
それとも外食を減らす?
家でごはん作る回数、お弁当率、増える?
人を家に呼ばない側の人間の私が招いたりするようになる?
今思いつくことなんて、
呆れるくらい本当に些細で、ごくごく個人的な事柄ですよ。
と、ノープランでここまで書いてきて思った。
結局、いつまでも大学生みたいな部屋に住んでることに飽きたんだろうなあ。

試してみたいのだな〜。
試したいと思ったら止められない性分なので。