ぬかぽん・つづき

この雨はもうすぐあがるのでしょうか。
あがったら、今晩は走りたいなぁ。

さてさて。
ぬかぽんのつづき。

そもそも、ぬかぽんとは、
布の袋に玄米と、煎りぬか、海水塩を詰めたもの。

サイズはいくつかあるのですが、
私が愛用するのはMサイズ。
ちょっと写真を撮ってみました。


B5サイズの雑誌より、少々小さいくらい。
なので、わりと大きいですよね。

これを電子レンジで2分。
すると、ちょうどいい温かさに。
からだの好きなところへ載っけます。

しっとりとした水分の含み具合が、
これまたちょうどいい。
身体に載っけたときの重みも、
これまたちょうどいい。
そしてぬかの香りが
なんだかこうばしくて癒されます。

私はいつも寝っころがりながら
まずは胃のあたりに載せて
あったまったら肝臓あたりに移動。
その後、下丹田あたりへ。
鎖骨下、胸腺あたりに載せることもありますね。

で、最後に、だいぶ温度が下がったところで
目の上に載せて「ふわ〜」です。

こんな感じで、どこに載せてもいいのです。


載せる場所は
その日、なんか調子悪いなあと思ったり
触ってみて冷たいなあと思ったりする部位で
その時間も、なんとなく身体のあたたまり具合を
感じながら調整する感じ。

夏は冷蔵庫などに入れても
ひんやり気持ちいいらしい。
冷房でひえた身体にホットパックもいいですよね。

あぁ。ええもん、見つけましたわあ。

ちなみに私は中川政七商店で見つけました。