メッセージ、しかと受け取りましたぜ 於 浅草

昨日のジャイロキネシスの記事で載せた画像。
まったく脈略がありませんでしたが、
今日はその写真にまつわる小話。

先日浅草に泊まった日のこと。
以前浅草在住のライターさんに
おすすめされたカフェ「なにわや」に初来訪し、
静かな店内、カウンターでブレンドを堪能…と、すぐ目の前に
青森は八戸の八幡馬が置いてあったわけです。

でも、そのときは
「ああ八幡馬だね」と頭をかすめただけ。

店を後にして、数年ぶりに
田原町ちかくの焼きそばやさん「花家」へ
行ってみようと思い立ち、歩いていく。
入口で注文。店内に入る。席に座る。
何気なく、横を向く、っと、コレ!

↓↓↓




用心深く
だが勇ましく
前進

10分たらずでの再会。
八幡馬に託されたメッセージ?!

勇ましく前進、はメッセージとして普通なのだ。
ここで大事なのは「用心深く」と組み合わされていることだなあと。

最近、よく考えているのが
「行き当たりばったり」と「スケジューリング」のバランスのこと。
天然の能力であれ、習得した技術であれ、
前向いて進んでる人は「時は金なり」を
行動で実践してるなと気づいたのです。
必ずしも一人で両方じゃなくても、反対性質の仲間を得たり。

ほんと、時間って、限られてるんだもんな〜
あっという間に夜になる。
あっという間に、もう8月ものこりわずか。

花家のやきそば