今、私が通い詰めてる臨床家さんのこと

本を何冊も出している臨床家さんに施術してもらいに
毎週東京へ通ったこともあった。

お金、保険効かないし、結構かかってしまうのも
ある程度までは目をつぶってきた。

3時間待ちは当たり前の名医に診てもらうため
一日潰す事は当たり前だった。

で、今、毎週診てもらっているのは
そういう有名な人ではなくて
予約、とれないとかもなくて
値段、高くなくて
年齢もそこまで変わらない方。
整骨院です。

すごく勉強熱心で
身体のしくみとか、食事のこととか
いろんな知識を毎回教えてくれて
それもだけど、なによりも、
毎回、少しでも良くなったところに注目して
言葉にしてくれる
(これ、ほんとにかなり大きい。たまに泣きそうなる)
こちらの話した事
些細なことでも覚えてくれている。
(一日に何人も診てるのに)

だから、ついつい、
ほんっとついつい怠けたくなるような
日常の、座るとき寝るときの姿勢とかも頑張れるんだよな〜
「来週の診療日までは、気をつけるっ…」を毎週更新していく。

走った後の身体の変化とか
からだに悪い事起こってないかもちゃんと診てくれます。
超へなちょこランナーやのに、専属トレーナー付き(笑)。

いいお医者さん、臨床家。
究極言えば、治す人、なんだろうけど

治していくのは共同作業だからさ。
依存じゃなくて、共同作業。

実際、通いはじめて
状況は少しづつだけど好転していってます。

……こんなん書いてるってご存じないやろうけど(笑)。