地元とやまの食じまん



地元は富山県の海のちかくです。

お盆手前に少しだけ帰った地元で
富山じまんの食を満喫してきました。

例えば、
友達の家が営む魚屋さんの昆布じめ(ザスとヒラメ)。



と、富山の地酒「三笑楽」
ほんとは勝駒を飲みたかったのだけど
地元の小さなデパート高岡大和では完売で、こちらを。



昆布じめって、地元では、ものすごくポピュラーで
小さい頃からよく食べてた、なじみ深い食なのだけど
地元以外ではお目にかかったことがない。
おぼろ昆布をたっぷりまぶしたおむすびも(大好物)。

とれたてキトキトを逃さずいただくことも
昆布じめの熟成した味わい深さを堪能することも
どちらも日常で楽しめる富山。
(だって近所のスーパーにも昆布じめが普通にならぶもの)

富山湾でとれたアジ、とても安価で並ぶものとか
塩焼きにするだけで、身もほっこりと、ほんとうに絶品。
…ということを、地元を離れるまで気づかなかった私。

そういえば、ザスも富山ならではの呼び名なのだ。
カジキのことです。

方言ってどうやって生まれるんだろうねえ。おもしろい。

そして、富山とは関係ないけど
念願かなって、とうもろこしご飯