昔よく聴いた曲を、今再び聴いてみる

最近、ここ1年くらいかな?
昔よく聴いていた曲を、今もう一度聴いてみる、
というのを楽しんでいる。youtubeのおかげですね。

私は、
わりと同じアーティストを
なかでも同じ曲を延々とリピートしてしまうのだけど
その強く惹かれたところには理由があるんだな。

そんななかで
昨日、何年ぶりかに聴いて
当時の記憶が蘇って「うわ〜〜〜」っとなったのが、
ラッドウィンプスの「37458」という曲。
(みなしごはっち、と読みます)

3枚目のアルバムが出た頃かな、
周囲から勧められて、
ロッキンオンに掲載されてた
野田洋二郎さん(ボーカル、ギター)×渋谷陽一さん(ロッキンオン代表)
の、対談を読んでしびれて、、、当時はまっていました。

で、「37458」は
2009年発売の、四枚目のアルバムに収録のもの。



歌詞のなかで

このなんとでも言える世界がいやだ

このどうとでもとれる世界がいやだ

とか

正しさの正しさをただ知りたいだけ
正しく教えてよ

とかあたりが、
当時の私の思っていたことと繋がったんですね。

たくさんの人に会って、
たくさんの人の想いに触れて
それが、それぞれに異なることに勝手に混乱して。

いろんな人がいろんなことを言う。
いったいぜんたい、普遍的真理みたいなものがあるのか?
あるんだったらそれを教えて!
って、叫びたい気持ちだった。

2009年当時、自らの意見を全く発言できなかった私は、
自分の考えはこれです、って言い切れなかった自分は、
なんか、「正しい」指標がほしかったのだ。
自分の意見に自信がないというか、
それ以前に、「自分の意見」が分からなかったんです。

その頃、26歳かあ。

歌詞にあるように

大丈夫だから
私はあなたが思った通りの人だから

なのかなぁ。

ここの部分の意味を、
当時はまったく理解できず聴き流していたな。

歌詞全文はこちらに。