無邪気な欲望について考えた/佐野史郎×柴崎友香トークショー

火曜日、原宿のワンダーフォトショップで開催された
トークショーに参加しました。

WONDER PHOTO SHOP TALK EVENT
写真で話そう
第3回「柴崎さんに見せたい写真、佐野さんに見せたい写真」

俳優の佐野史郎さんと
小説家、今回の芥川賞を受賞された柴崎友香さん。

写真好きのお二人が、
プライベートで撮った作品をスライドにうつして
見せ合う、なんとも贅沢な時間。


表現すること、追求することへの、無邪気な欲望。
そこへ忠実に、シャッターを押すお二人。
写真から、その静かな熱があふれていて、とても刺激的でした。

柴崎さんが見せてくれた作品は
全部iPhoneのパノラマ写真で撮影されたもの。
その独特なゆがみや、偶然に起こったおもしろい事象、
そして、移り行く時間を一枚にぎゅっと凝縮した感じが
iPhoneのパノラマはカメラを横に移動させながら撮るので
必然的に時間の流れが一枚に映る)
とってもおもしろかったです。

公式サイトでも少し載せられていますね。

なんというか、、
「やりきっている」方々に共通する
熱と冷のバランスについては
最近よく思うところです。
カラーは違うけど共通している、
中途半端ではない「突き抜けた」感じがあるんだなぁって。

その後はお二人、そして久しぶりに集結した
りす写友会のみなさんとごはんへ。
(お二人は、今はなき雑誌「Re:S」から派生した写真部のメンバー)
柴崎さんの芥川賞受賞お祝いもかねて!

あっという間の時間、最高に楽しかった夜でした。