違和感は違和感として

火曜の朝の投稿
あんな夢を見たのは『進撃の巨人』を読んだからですな。
ずるい自分をえぐり出して突きつけられた気分だったのかな。
なんせ、衝撃が大きかった。

一つの事象、ある一人の人間が
Aさんにとって「良い」でも
Bさんにとっては「悪い」、、であるのはよくあること。
一見同じでも、細分化されると無数の種類の「都合」が存在する。

だから、
誰かの目に映して物事を見るんじゃなくて
自分の目に映してどう思うかを確かめたいですよね。
(そう、自分に言い聞かせるわけです)
自分の気持ちに沿わない違和感を
正当化して自分に言い聞かせるんじゃなくて
違和感は違和感として受け止めて動かそう。
(誇大化せずに、そのままに。それが難しいのだけど!)
必要の無い我慢をするほど、人は暇じゃないはずだろうと。